旅散歩

「笑っていこうよ!」別館

スポンサーリンク

≪真冬の函館さんぽ旅≫5.旧函館区公会堂へ

元町にある多くの教会はそれぞれが輝くような建築美だった。

 

↓前回

trip-yuuki.sanpotrip.com

 

でも、この辺りの魅力はそれだけじゃない。

実は教会以外にも歴史ある建物があって、港町ならではの文明開化の雰囲気を味わえるのだという。

 

f:id:tokotoko_yuuki:20181228200552j:plain

 

少し歩けば、すぐに洋風の建物に巡り合う。

横浜や神戸と似たような空気を感じる。

まあ、寒さは別次元なわけだけど。

 

それに歩く道を間違えば、すぐに雪で足を取られる。

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20181228200616j:plain

 

 

寒さでおかしくなってきている・・・?

まあ、そうかもしれない。

そんな風に歩いて行くと、僕がこの旅を決めた一因となった建物が見えてきた。

 

 

旧函館区公会堂

 

f:id:tokotoko_yuuki:20181228200641j:plain

 

 

あれだ・・・。

あれこそが函館散歩のメインにと考えていた建物。

旧函館区公会堂だ。

 

明治40年(1907年)に完成したコロニアルスタイルという作風の洋館。

雪の季節に訪れてみると、これまた良い感じだなあ。

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20181228200706j:plain

 

そこから見えるのは函館の街と海。

こんな見晴らしの良い場所に建つというのは、よほど力を入れたに違いない。

 

そして建物自体がこのライトブルーとイエローのツートンカラーの美しさ。

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20181228200731j:plain

 

 

こんな言い方は少し変かもしれないけど、可愛い感じしないかな。

僕はそういう風に感じた。

ディズニーの映画にでも出てきそうな。

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20181228200755j:plain

 

 

ここまでポップな色彩の洋風建築って、横浜でも神戸でもみたことない。

(この時点では神戸なんて旅したことないんだけど)

 

実はこの旧函館区公会堂、2018年10月1日から2021年4月頃まで、内部の見学は出来ない。つまり入れない。

でもこの旅は2014年の記録なので、中に入る事が出来た。

 

なので今現在(2019年)は観る事の出来ないわけだけど、中の事も次回更新で書いてきます。

 

 

スポンサーリンク 

 

 

→次回へ続く

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ にほんブログ村 旅行ブログへ