宮古島⑧ 東平安名崎のブランコ

f:id:tokotoko_yuuki:20201019233921p:plain

世界の果てかの様…



南国宮古島の何処で夕方を迎えるか。

人それぞれ悩むところだろう。

西側に行って水平線に沈む夕日を眺めるのが王道なんじゃないかと思う。

 

ここ東平安名崎は、名前の通り東側に位置するから、まさに逆方向。

宮古島の東南の端にある岬で、まるで世界の果ての様な場所だ。

 

ベンチもあるけれど、今回は同じ座るものとして、ブランコを被写体にした。

 

人もまばらに減ってきた時間帯。島の果てで夕日に染まるブランコ。

なかなかファンタジーの様な世界観。

 

夜は星空の名所として有名だというここは、実は夕日の名所でもあるんじゃないだろうか。

 

旅先で訪れる、昼とは違った景色。

印象に深く深く残った。

 

 

 

来間島① あおぞらパーラー

f:id:tokotoko_yuuki:20201019233849p:plain

サーフボードが海の気配

 

 

宮古島は離島とはいえ、かなり栄えている島だ。

もしかしたら初めて南国離島へ旅する人からしたら、そこまで離島感は無いかもしれない。

しかしそこから橋で繋がる島々は、正に離島といった雰囲気が強い。

そのうちの一つ、来間島。(くるまじま)

 

小さな集落とサトウキビ畑で島の殆どを構成するこの島は、入口付近に今どきのお店が数店舗集まっている。

そのうちの一つが青空パーラー。

今どきっぽい若い店員さんが営業していて、爽やかなスムージーを頂ける。

 

身体に染み入るスムージーを、海の雰囲気いっぱいなサーフボードが飾られている店内で、椅子に座って飲む。

落ち着くという訳ではない。

南国の旅テンションがまだまだ続くという気分になる。

 

沖縄とサーフボードとスムージー。

バカンスだね、これは。

 

 



宮古島⑦ ブリーズベイマリーナのハンモック

f:id:tokotoko_yuuki:20201019233816p:plain

南国といえばハンモック

 

ベンチでも椅子でもないのだけど…

 

ハンモックがホテルの敷地内にあった。

ベンチや椅子の様に、身体を預けて休憩出来るという意味合いで今回はハンモックを書いてみる。

 

南国や自然溢れる場所においてハンモックは極上。

ゆらゆらとしながら、宮古島のポカポカ空気で癒される。

あまりに気持ち良くて居眠りしてしまうこともある。

 

ブリーズベイマリーナのハンモックは海を見れる位置にある。

揺られながら目を閉じると、波の音が響く。

時折、海鳥の鳴き声。

 

夕方でも夜でも暖かい。

 

時間が経っても飽きないのはハンモックだからなのか、海だからなのか、南国だからなのか。

 

最後はバランス崩して地面に落ちた。

 

 



スポンサーリンク にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村